腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき 免疫細胞療法「CAR-T療法」

勝俣範之医師のつぶやき

免疫細胞療法「CAR-T療法」

こちらは、NEJMに掲載された難治性リンパ腫に対する「本物の免疫細胞療法CAR-T療法」。64%奏効率あるが、ただ、強い副作用もある。脳症も発症あり。長期観察が必要。
本物の免疫療法はやっぱり副作用も強いということです。これくらいは、日本のメディアも勉強すべし。
「副作用のない免疫療法」などと言っていたら、それは「インチキ免疫療法」です。騙されないようにしてください。
CAR-T療法は、保険適応にすべく、日本でも現在、治験の準備をしています。インチキな免疫療法は、治験をすると「効果がないことがばれてしまう」ので、治験や臨床試験をせず、自由診療にしています。そのほうが、患者さんを騙せて、儲かるからでしょう。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ