腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき 未承認治療の臨床研究について

勝俣範之医師のつぶやき

未承認治療の臨床研究について

保険が効かない免疫細胞療法は臨床研究でするべき、というのは当然です。ただ、なんちゃって臨床研究では困ります。きちんとした臨床研究でしょうか?未承認治療は研究ですので、無償にすべきですが、有償は倫理違反でないでしょうか?

なんちゃって臨床研究の実態。研究と言いつつ、実際、臨床試験の体をなしていない。臨床第何相試験か定かにしていない。答えの出ないパイロット試験。サンプルサイズ計算がいい加減。データの質の管理がされていない。監査もない。未承認なのに、患者から費用を徴収している、などなど。

なんちゃって臨床研究、企業の販売促進試験であったりする。実際、免疫細胞療法は、リンパ球を処理する企業が営業活動やっています。単なる販売促進。

先進医療申請したが、却下された免疫細胞療法を臨床研究として、自由診療で患者さんから費用を徴収している大学病院があります。これは、許されてよいことでしょうか?

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ