腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき 卵巣がんドースデンス治療と「世界的標準治療」

勝俣範之医師のつぶやき

卵巣がんドースデンス治療と「世界的標準治療」

卵巣がんのドースデンス治療は、欧州人には効果なし。このランダム化比較試験は、製薬企業治験ではなく、医師主導臨床試験で、公的研究費を使っており、バイアスがかかりにくく、信頼できる結果。
日本人には効果あり?人種差があるのか?と考察されている。
人種差を越えて、効果が証明された治療が世界的標準治療になる。
世界標準治療になるのは、いかに難しいかということだと思う。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ