腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき 標準治療とそれ以外の治療について

勝俣範之医師のつぶやき

標準治療とそれ以外の治療について

標準治療以外を否定しているのか?というとそういうわけではない。あくまでも患者さんに勧められる治療が標準治療ということ。標準治療以外の治療は、研究としてやってもらえばよい。研究段階の治療は良いとは限らないということである。患者さんを研究の対象にするには、臨床試験としてやるべき。

臨床試験とは、研究治療を患者さんにやってもらうことになるので、科学的にも倫理的にも厳密に行われなければならない。正確な情報開示も必要。研究治療が、研究や臨床試験としてでなく、自由診療として、ましてや、高額な費用を請求し行われるのは、倫理的にも重大な問題がある。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ