腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき がんとの付き合い方

勝俣範之医師のつぶやき

がんとの付き合い方

がんとの付き合い方。三つのあ。あせらず、あわてず、あきらめず、が大切。
つい、がんと診断されるとあせってしまいがちだが、一番、あせっていて、患者さんをあせらせているのは医者じゃないかと思う。
がんになっても、あきらめない、ことも大切。これは積極的治療をあきらめない、ということでなくて、自分の人生をあきらめない、大切ないのちをあきらめない、ということだと思う。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ