渡米するセカンドオピニオン - アメリカと日本をつなぐ医療の架け橋

HOME渡米するセカンドオピニオン

渡米するセカンドオピニオン

渡米前の手続きから、渡米後の病院内の付き添い、お買い物の付き添いまで。
メディエゾンが出来る限りのサポートをいたします。


サポートの概要と特徴

アメリカでセカンドオピニオン取得 サポートの概要と特徴

渡米し実際に目の前で医師と話をすることで理解が深まり、医師と共に治療を選択できます。
渡米しないプランに比べ、拘束時間が長くなること、医療費が高額なことなど、負担が大きくなります。

サポートの詳細と料金はこちら

セカンドオピニオン取得の詳しい流れ

MDアンダーソンがんセンター

メディエゾンを通して、渡米してセカンドオピニオンを取得する場合、MDアンダーソンがんセンターをご紹介します。

病院の患者さん受け入れ可否についての判断を調べる

フォームへのご記入と必要医療レポートの収集お願い

メディエゾン作成のメディカルフォーム、契約書など必要書類へのご記入、書類提出先の病院が必要とする医療情報レポートの収集をお願いいたします。

メディエゾンが代理人として書類送付

集めていただいた資料をMDアンダーソンがんセンターへ送付します。

受け入れ可否についての回答を翻訳

MDアンダーソンがんセンターからの回答を翻訳いたします。

診察予約日の調整

受け入れ可能の返事が来た方は診察予約日の調整をし次のステップへ移ります。

注)セカンドオピニオン取得の受け入れは、提供できる治療法があることを保証するものではありません。

渡米しセカンドオピニオンを取得する

約2週間の滞在で治療法決定となります。
病院外でも、お買い物や観光のお手伝い、お付き添い等ご希望に合わせ、サポート致します。

初診

今までの病状、症状、病歴、治療歴の話、必要な検査項目の話となります。
新患登録のお手伝い、診察への同行、検査への同行をします。

2回目の診察

必要な検査を行い、その検査結果のレビュー、持ち込んだ資料のレビューが終わる頃(初診から約1週間後)、2回目の診察となり、可能な治療法を提案されます。

診察時に医師と共に相談し決定した治療法を日本へ持ち帰って治療する、もしくはアメリカで治療するかを決めます。

※日本での未承認薬のうち、アメリカで承認されているほとんどの薬剤は日本への輸入が可能です。

メディエゾン 安心の渡米サポート

メディエゾン 安心の渡米サポート

渡米前には
ホテルの予約代行、病院との交渉など、渡米後すぐに検査・診察に専念できる環境を整えます。


渡米後には
空港でのお出迎えから始まり、ご帰国の際の空港へのお見送りに至るまで、患者さんとご家族の方々をサポート致します。


渡米時のサポート内容詳細
・ヒューストン空港・ホテル間の送迎
・ホテルのチェックインのお手伝いとホテル内の施設説明
・新患登録・診察時に付き添い
・病院内外での問題解決
・日本へ帰国に際しての資料集め
・日本へ帰国後のサポート

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

短所にあるように時間の拘束、医療費が高額などの点もありますが、渡米された患者さんはみなさん「それ以上の価値を感じる医療を受けることができた」とおっしゃって帰国されています。
どうかいつでもお気軽にメディエゾンまでご相談ください。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ