腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME 勝俣範之医師のつぶやき 原発不明がんについて

勝俣範之医師のつぶやき

原発不明がんについて

"原発不明がん"って、原発巣をいくら探しても見つからず、転移がんで見つかるがん。
希少がんではあるが、臨床現場ではしばしば遭遇します。
ガイドラインもあり、適切に診断、治療をすすめていくことが大切なんですが、医師国家試験にも出ないので、知らない医師も多いがんです。

原発不明がんの中には、適切な診断、治療で、治すことができる原発不明がんがあるのですが、このことも知られていない。
原発巣がないと治療できないと、原発巣を探すのに、何か月も、何年もかかる、などということが大学病院でもある。

原発不明がんの診断、治療は、あらゆるがんの診断、治療を経験している医師、すなわち、"腫瘍内科医"でないと、きちんとした診断、治療ができない。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ