セカンドオピニオン 取得の理由 - アメリカと日本をつなぐ医療の架け橋

HOMEセカンドオピニオン 取得の理由

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオン取得の理由

 メディエゾンの設立以来、多くの患者さんからお問い合わせを頂きました。

 ほとんどの患者さんは、日本で手を尽くされて何も治療法が無い状態になった時にご連絡くださいます。当たり前のことですが患者さんの心理状態は悪く切羽詰まっています。中には体調の悪い方もいて、それが理由で診察受け入れを拒否される患者さんもいらっしゃいます。

 診断後もしくは最初の治療の切りの良い時期でしたらどうでしょう?体調は良いはずです。診断後の心理状態はかなり参ってしまっていると思いますが治療法がある可能性はほとんど100%に近いはずです。手を尽くされた時の心理状態よりもある程度の余裕があるはずです。

 この時期にセカンドオピニオンを取りアメリカの医師の意見を聞く価値はどこにあるのでしょう?

セカンドオピニオン取得の理由

セカンドオピニオンのメリット

日本での未承認薬、承認薬の範疇に囚われず、また臨床試験も含めて大きな選択肢の中から最適な治療法を提供してもらえます。
大きな選択肢があると理解できることで、今後の治療に関する安心感が湧いてきます。
セカンドオピニオンを取得後、日本に帰国してからも、こちらの医師はずっと患者さんの主治医になり、日本の主治医と共に患者さんの治療について考えてくれます。
日本での未承認薬もアメリカではすでに承認されている薬がたくさんあります。すなわちそれだけ使用経験が高く、日本の主治医はアメリカの主治医から論文などからだけではわからない情報を引き出す術になります。
今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ