アメリカでのセカンドオピニオンとは - アメリカと日本をつなぐ医療の架け橋

HOMEアメリカでのセカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、診断や治療法について、主治医以外の医師の意見を求めることを言います。

セカンドオピニオン取得における意味は、主治医の診断が確かなものであると確認し、現在受けている又は将来受ける治療法の妥当性を確認することが大きな理由となります。

理解と納得のセカンドオピニオン

 治療は患者さんが主体となり選択していくことがベストです。そのためには、納得するまで医師と話し合い、納得した治療方針を医師と共に選択していくことが大切です。

 これにより、患者さんは選択した治療に納得することができ、かつ、場合によっては治療の選択肢を増やすことも可能となるのです。

 不安を感じながら病気と闘うのではなく、病気そして治療について正しく理解し、納得した上で病気と闘ってみませんか?
 あなたやあなたの愛する人の健康な暮らしこそが、何より大切なことなのです。

セカンドオピニオン取得の理由

セカンドオピニオンの取得は、自分の病状・治療を総体的に理解し、安心感を得る機会・術になると考えています。

セカンドオピニオン取得の心得

1.患者さん自身が確実な情報・知識を習得しましょう。
2.医師ではなく病院を探しましょう。
3.セカンドオピニオン取得の時期が大切です。

セカンドオピニオン取得後の活用

テキサス・メディカルセンターで得たセカンドオピニオンを日本へ持ち帰り、日本の主治医とセンター内の主治医との話し合いのもと、患者さんを中心に治療が始まります。

セカンドオピニオン取得実例

アメリカ版セカンドオピニオン取得をMD アンダーソがんセンターでの実例をもとにご紹介いたします。
日本人の患者さんも安心してご利用いただけますようメディエゾンがサポートいたします。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ