腫瘍内科医・勝俣範之医師のつぶやき

HOME勝俣範之医師のつぶやき

勝俣範之医師のつぶやき

※このページでの勝俣先生のお話は先生の承諾を得て作成させていただいています。

勝俣範之医師

勝俣範之(かつまた・のりゆき)医師

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

1963年、山梨県生まれ。88年、富山医科薬科大卒。92年国立がんセンター中央病院内科レジデント。その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。04年ハーバード大学公衆衛生院留学。10年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科外来医長。2011年より現職。近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。
専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。がん薬物療法専門医。

勝俣先生のYomiDr.記事

丸山ワクチン治験

2018年01月11日

丸山ワクチン治験、ClinicalTrialgovにありました。現在、ステージIIIB子宮頸がんで治験中です。600例の患者数なので、今度は、白黒はっきりとわかると思います。
逆に言うと、この臨床試験の結果が出るまでは、有効と言えず、一般的にお勧めできる治療ではないということ。

真面目な臨床試験や治験をすると、時間もお金もかかります。臨床試験でもなく自由診療でやっている分には、お金儲けをするのには、大変手っ取り早いのですが、全く使えるエビデンスにならないのです。日本の免疫細胞療法がそれに相当します。いくら、何万人の実績?があっても、ただやるだけではダメ。

未承認がん治療を自由診療でやることを認めるのが悪いと思います。まだ臨床試験での有効性が出る前から、勝手に自由診療でやっている。しかもビジネスになる。これだと、日本で臨床試験が進まないのもしょうがない。いつも新薬は海外から。海外先進国では未承認がん治療は政府へ届けて許可が必要。

お金や手間をかけなければ、良い医療は生まれません。結局、怪しげな医療ばかり受けることになり、損をするのは患者さん、国民になります。

>> 参考記事はこちらです

がんに対する3つの誤解

2017年12月21日

がんに対する3つの誤解。1つ目はがんになったら、働けなくなる、好きなこともできなくなる、夢も希望もなくなる、人生の落伍者になる、などでしょうか。がんになっても、働けるし、好きなことできるし、夢も希望もなくなりません。

2つ目は、治療に対する誤解。手術ができなければダメ。手術できなければもう終わり。抗がん剤は副作用がひどく何もできなくなる。抗がん剤はやらないほうがよい。などでしょうか。手術できなくても、共存ができるようになりました。抗がん剤やりながらも仕事もできます。

最後は、緩和ケアに対する誤解でしょうか。緩和ケアは終末期医療。治療ではない。治療が終わってから最後にやるもの。緩和ケアに希望はない、などでしょうか。緩和ケアはQOLを保つために早期から取り入れることが大切。この誤解が最も難関な誤解でしょうか。

米国対がん協会のHPより

2017年12月19日

米国対がん協会のHP。日本と違うところは、科学的エビデンスに基づいて、冷静かつ、誇大表現を避けているところが良いと思う。

ストレスはがんの原因となるか?答えはNO。いくつかの研究があるが、ストレスががんの原因となるという確固たる科学的証拠はない。
>> 参考記事はこちら

がんは予防できる?答え:確かな方法はないが、いくつかの方法はリスクを減らすことができる。
>> 参考記事はこちら

糖分は、がんのエサになる?答えはNO。直接がんの原因になったり、がんが悪化することは証明されていない。ただ、カロリーオーバーの食事や肥満はがんと関連している。
>> 参考記事はこちら

未承認治療の臨床研究について

2017年11月30日

保険が効かない免疫細胞療法は臨床研究でするべき、というのは当然です。ただ、なんちゃって臨床研究では困ります。きちんとした臨床研究でしょうか?未承認治療は研究ですので、無償にすべきですが、有償は倫理違反でないでしょうか?

なんちゃって臨床研究の実態。研究と言いつつ、実際、臨床試験の体をなしていない。臨床第何相試験か定かにしていない。答えの出ないパイロット試験。サンプルサイズ計算がいい加減。データの質の管理がされていない。監査もない。未承認なのに、患者から費用を徴収している、などなど。

なんちゃって臨床研究、企業の販売促進試験であったりする。実際、免疫細胞療法は、リンパ球を処理する企業が営業活動やっています。単なる販売促進。

先進医療申請したが、却下された免疫細胞療法を臨床研究として、自由診療で患者さんから費用を徴収している大学病院があります。これは、許されてよいことでしょうか?

ある有名がん病院の漢方外来で

2017年11月06日

ある有名がん病院の漢方外来で、専門外来と言っておきながら、生薬使わないこと(既製品のみ)、『がんに効く』保険が効かない漢方薬(一回9万円もする)を勧めるっていうのはどうかなあ、と思いました。

医師が処方できる漢方は既製品(エキス剤)だけでなく、生薬も処方でき、保険も効きます。漢方専門医と言うなら、せめて、生薬を処方してほしい。生薬出さない医師は専門って言えるのかなあ?

私は、国立大学では唯一の和漢診療部のある富山(医科薬科)大学の出身です。私の同期や先輩たちもたくさん漢方専門医になりました。ちゃんとした専門医は、漢方が「がんに効く」とは言いません。漢方は、「病気に効く」とは言わないと、授業でも教わりました。

日本のピンクリボン運動について

2017年10月05日

ここが変だよ日本のピンクリボン運動。ピンクリボンとは、乳がん啓発運動のことですが、日本だと検診啓発しかやらないことが多い。米国のサイトを見ると、検診のことはごくわずかしか書いてない。検診がもっとも大事などとも言っていない。

本来、"正しく乳がんを知る"というところから、始まったピンクリボン運動。検診ばかりやるのはおかしい。検診で救える乳がんは、実際わずか。検診で救えない乳がんも多いのが実際。正しい知識をもって、正しい治療を受ける、ということが日本ではもっと大事なように思う。

最も信頼できるコクランレビューによると、2,000人検診を受けると1人乳がん死亡を減らす(絶対リスク減少0..05%、全死亡では差なし)が、200名に偽陽性、10人に過剰診断・治療あり。検診のベネフィットは少ないことを情報提供すべし。

検診に向かないがんもある。急速に進行するがんは、検診に向かない。実際進行乳がんには、急速乳がんが多い。毎年検診しても見つからず、数か月で急速に大きくなったという乳がんがある。のんびりがんが検診に向いているが、実際そう多くはない。

>> 参考記事はこちらです

インチキ医療について

2017年09月14日

インチキ医療を批判するより、インチキにいかないようにコミュニケーションをという方がいます。もちろん、その通りなのですが、私の患者さんでも、何時間もかけて、丁寧に説明してもやはり、「悔いが残らないようにやりたい」と言われるかたがいます。

そのような場合、やむなく、紹介しますが、結局、効果もなく、お金も使い果たしてしまいます。なかには、借金をして、遺族にその負債が残されたこともあります。医療現場はかなり疲弊していて、実際に、患者さんとうまくコミュニケーションがとれないという現状もあります。

インチキ医療は、そもそも医療倫理違反、人道的違反になりますので、社会的にも厳しく追及、規制すべき。海外では、特にがんのインチキ医療は厳しく規制されている。
未承認治療が、臨床試験でもなく、自由診療として勝手に行われているのは、先進国で日本くらい。これでも規制いらないと言いますか?

腫瘍内科医と緩和ケア医の二人主治医制について

2017年09月03日

腫瘍内科医と緩和ケア医の二人主治医制に賛成です。切れ目ないケアの提供が可能になります。インチキな医療にひっかかることもなくなります。どちらかというと、緩和ケア医の役割が大きいと思います。緩和ケア医の腕の見せ所ではないでしょうか。

緩和ケア医の先生のなかには、「腫瘍内科医(治療医)は必要ない、早く縁を切るべき」という人がいますが、患者さんとしては、これまでの主治医と縁を切るのは不安なものです。緩和ケア医の先生にとっても、早くからコミュニケーションをとり、信頼関係を築き上げることができるのでよいと思います。

私は「主治医は何人いてもよい」と患者さんにお話ししています。外科の先生から、紹介を受ける際にも同様です。内科に移っても、外科医にもときどき診察してもらうと、患者さんは安心です。腫瘍内科医に冷たくされた、と愚痴も言える。腫瘍内科医も、しっかり診なくちゃと気合も入る。
>> 参考記事はこちらです。

たばこ煙害死なくそう

2017年05月24日

タバコは、がんの最大の原因。WHOも指摘している科学的に間違いない事実。毎年、600万人が、タバコが原因で命を失っている。日本の国立がんセンターのコホート研究(前向き疫学研究)より。タバコは、日本人男性の35%、女性の8%のがん死亡に関連している。
>> 参考記事はこちらです。
>> 参考記事はこちらです。

「あきらめない治療」

2017年05月10日

「あきらめないで、がんばりましょう」と患者さんに言う医師がいます。その医師は、効果の乏しい抗がん剤を亡くなる直前まで処方したそうです。「あきらめない治療」というのは、"積極的治療"をやり続けるということではないのですが.....
「患者さんが希望したから」からとその医師は弁明しますが、「患者さんの本当の希望が抗がん剤をやることですか?」「その治療は、あなたの自己満足のためではないですか?」「医師のマスターベーションでないか、よく考えて」と、カンファレンスで時々若い医師にお話しします。

1  2  3  4  5
今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ