アメリカのがん治療 - アメリカと日本をつなぐ医療の架け橋

HOMEアメリカのがん治療

アメリカのがん治療

患者さん主体の医療

 人間には肉体と心、すなわち精神的な部分があります。
長い間、苦痛の伴う病気と闘っていくことは、肉体面だけでなく、精神面にも影響をもたらします。
家族や友人、職場の同僚にも影響を与えます。

 しかし、どのような状況に陥っても、希望を持つことが大切です。
希望があれば、乗り切れるはずです。
そして、その「希望」の鍵を握っているのは、病気の経過及び治療に関する知識です。

 ご自身の病気、治療にただ不安を抱いているのではなく、正しく理解し、そして、納得いく治療を受けるために必要となるのは、患者さんの気持ちです。

 テキサス・メディカルセンターでは、治療をより良いものにするために、常に患者さんを中心とした治療を心がけ、患者さん自身が正しい知識を得るようアドバイスを行っています。
各病院のウェブサイト、患者さん用図書館には、正しい知識を得るための情報が充実しています。

標準治療と臨床試験

標準治療と臨床試験

アメリカではあらゆる症例に合わせた標準治療が確立されています。
それを基により確かな臨床試験が組まれています。

チーム医療

チーム医療

アメリカで実際に行われているチーム医療です。
患者さんを中心にあらゆる専門医・専門職がチームを作り、診断・治療に当たります。

医師との対話

医師との対話

患者さんの考えを正直に主治医と話し合うことはとても大切です。

患者さんの心得

患者さんの心得

患者さんが主体的に行動するための心得です。

今すぐ相談、お問い合わせ・お申込みはこちら

ページの先頭へ